第11回 穴吹リハビリテーションカレッジ卒後研修会

2015年10月25日(日)

平成27年10月25日(日) に第11回穴吹リハビリテーションカレッジ卒後研修会が無事終了しました。

講演・演題発表して頂いた先生をはじめ、参加して頂いた皆様ありがとうございました。

今年度は「地域に根づくリハビリテーション」を題し、特別講演をして頂きました。

特別講演Ⅰ『 地域包括ケアシステムにおけるリハビリテーション専門職の役割 』 阪本病院 理学療法士 藤井保貴先生

特別講演Ⅰ

特別講演Ⅱ『 地域包括ケアシステム構築に向けての作業療法士の役割 』 三豊市立西香川病院 作業療法士 香川久圭先生

特別講演Ⅱ

 

一般演題

『超音波検査による棘下筋下脂肪体の動態評価』阪本病院 松岡興三先生

『有痛性外脛骨に対して外脛骨摘出術を施行した1症例』回生病院 青芝貴夫先生

『当院におけるAS保存例の5年経過報告~予後とADLに着目して~』三豊総合病院企業団 岩井彰宏先生

『Pusher症状を呈した重度左片麻痺症例への治療経験』回生病院 内藤貴浩先生

『高校野球部員に対するメディカルチェックを通して投球障害の予防へ向けた取り組み【第1報】』香川県済生会病院 廣瀬正敏先生

IMG_7515 IMG_7507 IMG_7497 IMG_7495

特別講演、一般演題ともに活発な質疑応答をありがとうございました。

 

また役員の任期満了に伴い選挙の結果、新たに卒後研修会の会長に廣瀬正敏先生(香川県済生会病院)に決まりました。

第12回卒後研修会の開催に向け、

今後も廣瀬先生をはじめ卒後研修会実行委員はよりよい卒後研修会になるよう努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いします。