第12回 穴吹リハビリテーションカレッジ卒後研修会 閉会の挨拶

2016年11月12日(土)

澄みわたる秋空の下、第12回穴吹リハビリテーションカレッジ卒後研修会は、卒後研修会会員や教員の先生方、在校生の皆様の参加をいただき無事に終了することが出来ました。

ご参加いただいた皆様、講演をしていただいた講師の皆様、卒後研修会実行委員の皆様方には、心より御礼申し上げます。

今年で12回目の卒後研修会となり廣瀬会長のもと実行委員で1年近く準備を進めてきました。

今年のテーマは「 領域別リハビリテーションの見方 ~卒業生が考えるセラピーポイント~ 」とし、

【 理学療法士部門 】

上肢整形領域では、池本 公哉先生( 楓の森整形外科 )

下肢整形領域では、青芝 貴夫先生( 回生病院  関節外科センター )

内部障害領域では、川瀬 範久先生( 三豊総合病院 )

【 作業療法士部門 】

脳血管障害領域では、渡辺 正人先生( 高松協同病院 )

地域リハビリ領域では、樋本 英司先生( プライマリケア訪問看護ステーション )

精神科領域では、難波 和広先生( 三船病院 ) の先生方にご講演していただきました。その後は各部門ごとでのシンポジウム形式での総括、質疑応答もして頂き、会場からは卒業生・在校生・教員の先生方からも質問をいただき活発な時間となりました。

今年も皆様の協力をいただき無事に研修会を終えることができました。次年度の研修会開催に向け卒後研修実行委員会は11月15日より活動を行います。今後とも卒後研修会会員の皆様の御協力をいただき運営に努めてまいりますので、次年度の参加をお待ち申し上げまして卒後研修会の閉会の挨拶とします。

廣瀬会長 理学療法士の先生方 座長 教員の先生 作業療法士の先生方 シンポジウムの様子 座長